◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆

              メルマガIDN 【第2号】 2002年5 月1日発行
                   (Inter Depending Network)

  ***************************************************************************

                     《目次》

1.「ふれあい充電講演会」
   4月の報告・5月の案内 ・6月の予告  
 2.「シニア情報生活アドバイザー講座」
    第6期が終了・第7期開催中・第8期予告・受講感想
3.下関支部レポート
4.「楽しくパソコンライフ」―連載第1回―
 5.IDN会員募集のご案内(再掲)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆

1.ふれあい充電講演会

■4月の報告―第12回ふれあい充電講演会(H14.4.15)―
                      稲田重年氏「シェークスピア劇の楽しみ方」

私はシェークスピアについてまったく何も知らなかった。一度も何も読んだ
ことがない。今回、稲田さんの話を聞いて、まず第一の感想は、「食わず嫌い
はいかん」ということだった。シェークスピアが俳優だったこと、片手間に書き
始めた脚―本が好評で、だんだん脚本の道に入っていったこと、52歳か53歳か
で死んだこと、350年位前の人であること、などなど、皆、新しい知識になった。
   稲田さんは、一通りの説明が終わると、英語でシェークスピアの名せりふを読
んで聞かせてくれた。歌舞伎の「声色(こわいろ)」のようなものだろう。
私は英語の意味も、話の筋も分らないまま、「こんな世界があるのだなあ」などと
思いながら聞いていた。
    「今度は女性に手伝ってもらって、ふたりでやります。」
当日、稲田さんと掛け合いをするために頼んできてもらった青田教子さんが
登場した。驚くべきことが彼女の口から出た!
「私は日本語でやるのだと思ってました――」
実は稲田さんと彼女とは初対面なのです。なんと言う打ち合わせの悪さ!
ところが、青田さんは、ぶっつけ本番でこの掛け合いを見事にこなしたのである。
かくてロミオとジュリエットの名場面が我々の前で再現された。
 青田さんは英語がある程度できる人ではあろうが、350年前の脚本を練習も
無でよくぞあれだけ読んでくれた。私はふれあい充電講演会の主催者として、
心からありがたいと思う。「普通だったら断っていただろう、私だったら尻込み
していただろう」正直そのように思う。青田さんの勇気と度胸のよさに、ただただ
感謝あるのみだ。かくて第12回ふれあい充電講演会は終了した。今回は、この
ハプニングが最大の盛り上がりであった。稲田さん、青田さん、本当に有難う
ございました。
 来場者27名、講演終了後の寿司パーティーもいつも以上に和やかで、にぎや
かなものであった。(林 佳次郎)

■ 5月の案内

このたび、陶芸のふるさと「益子」(栃木県益子町)への日帰りバスツアーを
計画しました。(実施日:平成14年5月18日)
満席(全51名)となりましたので、申込みを締め切りました。
ご了承下さい。

■6月の予告

日 時 :6月17日(月)午後6時(受付)〜8時50分
講 演 :午後6時20分〜7時30分 費用1,000円
懇親会 :午後7時30分〜8時50分  費用1,500円(自由参加)
場  所 :豊島区立勤労福祉会館
テーマ :平和は当たり前? ― この国の”今”を守るもの ―
講 師 :安藤 博氏(元防衛庁OB  IDN賛助会員)
 
******************************************************************************

2.シニア情報生活アドバイザー講座

この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽
し い活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。
NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「メロウ・
ソサエティ・フォーラム」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活
アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。
 
詳細お知りになりたい方は http://www.npo-idn.com/ をご覧ください

■ 「シニア情報生活アドバイザー」養成講座第6期終了
第6期は去る4月27日に終了しました。

■ 「シニア情報生活アドバイザー」養成講座第7期開催
第7期は4月19日に開講し5月16日に終了予定です

■ 「シニア情報生活アドバイザー」養成講座第8期開催予告
第8期は7月頃に開講予定です。追って案内いたします。

■5月16日懇親会のお知らせ

シニア情報生活アドバイザーの皆様へ
アドバイザー講座も回を重ねて第7期の講座が5月16日(木)に終了します。
毎回のことで恐縮ですが、第7期の方々の労をたたえ、また皆様の
懇親を図りたく開催いたします。
開催日 5月16日(木)
会場は前回と同じ「ささの屋」です。17時30分開始にいたします。
会費は男性3000円、女性2000円で行います。
お時間の許す方々の多数のご参加をお待ちしています。
ご参加いただける方は、
5月13日月曜日までに小坂宛メールにてお願いします。
今回地図を添付しませんが、必要な方はメールにて請求してください。
松戸の第6期の方々には別便でメールをしてあります。
小坂武夫
Mail  kosaka@nice.biglobe.ne.jp

==過去に受講した方の感想 <第5期 三好みどりさん>==                                           

長かったような、短かったような8日間でした。
最初は、ただ単にパソコン操作の手助けのノウハウを学ぶ講座だ。
と思っていた私にとって、今回の講座はとても新鮮でした。
「パソコンは学習するのではなく、楽習するもの!」
このことを、IDNの理事長はじめ講師の先生方、同期の受講者の
皆様に教えて頂きました。
物事に固執しない、度量の大きさを学びました。
ややもすると、操作手順や技術を重視するあまり、型にはまった考え方
になっていたように思います。これはパソコンだけではなく、人生にも通じる
ところが有るように思えました。常に相手の立場で考える事の大切さ、
難しさ。これからの課題になりそうです。
パソコンの便利さ楽しさを、押し付けではなく、相手の望むものを柔軟性を
持ってアドバイスできる。
いつの日か、こんなアドバイザーになれればと思っております。

==過去に受講した方の感想 <第5期 森本春代さん>==

 何とかなると思って参加した講座でしたが、講師の先生に教えを請い、
仲間の皆さんとご一緒するうちにいままで習った事のないところがたくさん
見えてきて、本当に勉強になりました。
そして これからの目標もできたように思います。
期間中は、とっても余裕のない時間でしたが、終わってみてこれでよかった
のだと感じています。。もし 合格していたら地域の皆さんのお手伝いを
したいと夢膨らませているところです。
このたびは本当にありがとうございました。
お世話になった皆さんに心より感謝申し上げます。

==過去に受講した方の感想 <第6期 西 義則さん>==

その日遅くに帰宅して家族への報告が長い。 2ケ月間の緊張を伝え、
追い込みの切迫を語り、試験直前の特訓を述懐して六十路の奮闘を
聞いてもらった。試験終了日≪戦い終えて日が暮れて≫の夜である。
勉強と講義では解ったつもりでも一歩間違えばにっちもさっちも、
いかに基本が出来てないかを思い知らされた。
試験は一夜漬け?と仲間の手助けで何とかクリヤー出来た。
それもこれも諸先生のご親切なアドバイスがあったればこそ、
この講座で得た事は合否の結果より人の絆を知った事である。
温厚な理事長さんを始め諸先生の温かみは身に沁みた。
メロウソサイテイは確かな足跡としてわが自分史に強烈な一ページを残した。

==第5期生の三好さんから第6期生の皆さんへ>==

こんにちは 三好です。
みなさま昨日は、お疲れ様でした。
昨晩は、さぞやグッスリお休みになれたのでは?
と思います。
小坂様より、「第6期の松戸の方々は、とてもパワフルで楽しい方ばかりですよ。」
と、伺っておりましたが本当にそのとおりでした。
試験の感想をお話のときも、チームワークの良さにはビックリ。
少人数だった第5期生としては、羨ましいかぎりです。
私の住んでいる相模原と、みなさまのいらっしゃる松戸では
遠いようですが、千代田線で繋がっております。
これをご縁に、今後ともよろしくお願い致します。
                   
******************************************************************************
 
3.下関支部レポート

■パソコン教室開催される!
下関支部では、シニアー情報生活アドバイザー青木紀雄さんの指導のもと、パソコン
教室が開催されました!
参加者は、まだ3人ですが、2月22日、3月8日、4月2日といずれも、
午前10時30分から午後4時まで、1人一日500円の会場費だけで、
林兼コンピューターの教室で実施されました.
ウインドウ入門、ワード初級、中級、アウトルックエキスプレスのメールとインターネット
の使い方までを、既に終了しています.
会場は、青木さんの古巣の職場で、お茶とコーヒーは飲み放題、メールの送受信も
確認できて、ハイピッチで勉強が進んでいます.

■林佳次郎さんの「カメラ発展史」講演会決定!
下関支部では、林佳次郎さんの9月の出版記念にあわせて講演会を実施する
ことが決まりました.写真やカメラの趣味のグループにも呼びかけて100名規模
の催しにしようと張り切っています!
林さんの講演テープを聞いた上利秋雄さんは、以下のような感想を寄せています。

上利 秋雄です。
我が家の庭の春を楽しんでいます。今は並んでいる木蓮と花桃が盛んです。
紅白の花が同時に咲き、今年もその存在感をアピールして心を和ませてくれます。
 送って戴きました講演のテープを聞きました。講演ではカメラの現物とスライドを
披露されながら話を進めておられましたが、それらを目にしない私にもハンディは
全く無く、カメラの世界に浸れました。
貴方が紹介されたカメラは私の目の前にありませんが、NHKの「プロジストX」
に登場する当時の人々の様子を重ねて拝聴しました。
戦後の日本復興の基軸であったもの創りの一端を知り、且つ一心にチャレンジを
し続けた先人の功績が現在の私どもの生活に引き継がれていることを思うと
心の躍動と敬意の念を感じざるを得ません。
今の日本の姿が将来の日本だとすると神仏に救いを求めたくなります。
林 佳次郎様は日本人の心の有り様を問い掛ける伝道師になられたのかも
知れません。有難うございました。

******************************************************************************

4.「楽しくパソコンライフ」―連載第1回―

パソコンはシニアまた熟年の方々から見ると、難しくて親しめないというお話をよく
聞くことがあります。これはある面では逆のことではないでしょうか。
確かに若い人は技術的なことと操作を覚えることはすごく早い。早く操作することが
パソコンを使う能力であるかのごとく思う人もいます。私はそうは思いません。パソ
コンは人生の中でいろんな経験・体験をされたシニアの方こそが便利に使える。それ
らのことをまとめたり、整理されたりすることに使う最も便利な道具である。シニア
のためにゆっくりと便利に使える道具と言えるでしょう。
IDNの会員の中には、パソコンで書き物をしたり、それを保存して編集もされてい
る人がいます。会合の案内書づくり、デジカメで撮影した写真を整理・保存している。
シニアの方々は生活の行動範囲も広く、それらを効率良く便利に使い、記録に残すに
はパソコンは大変便利なものと言えます。また、なんと言っても電子メールは日常の
生活になくてはならないものになりつつあります。
(今回の担当:小坂武夫)

パソコンに関する御質問などありましたら、お答えいたします。Eメールでどうぞ 

Eメール:   idn@npo-idn.com 

******************************************************************************

5.IDN会員募集のご案内(再掲)

■ 「自立化支援ネットワーク」は
内閣府(旧経済企画庁)にて認証を受けているNPO法人です。
自立化(相互)支援ネットワークの目指すもの! 
それは…自分らしい生き方・自分らしい職業を見つけてもらうこと!
同じような悩みを持っている人同士、仲間になって「自立」を助け合い
よりよい社会生活を支援していくことが我々の願いです

■ 「IDN会員募集中」
NPO(特定非営利活動法人)自立化(相互)支援ネットワークでは、賛助会員と
正会員を募集しています。

賛助会員は、入会費及び年会費を各々一口1,000円以上(合計 2,000円以上)
納めていただきます。
正会員は、入会費及び年会費を各々一口10,000円以上(合計 20,000円以上)
納めていただきます。

*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、年4回発行し
     配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムの割引が適用されます。

詳しいことをお知りになりたい方は、Eメール・電話・ファックス等で、事務局まで
お問い合わせください。

Eメール        idn@npo-idn.com
ホームページ     http://www.npo-idn.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◆

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。

東京都新宿区三栄町8-37 K1ビル3F アントレオフィス四谷H室
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
  TEL/FAX 03-5363-9717 
  Eメール  idn@npo-idn.com

メルマガTOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆